血便は病気のサイン


「あっ!?ウンチに血が付いてる!」

皆さんはこんな経験はありませんでしょうか?

便と一緒に血が出ることを「血便」と言いますが、これは何らかの病気のサインです。

また、便に付着した血の色や状態を見ることで、病気を推測できる場合もあります。

ここでは、そんな「血便」について詳しく解説したいと思います。





血便の原因と病気

血便の原因となる主な病気には以下のようなものがあります。
それぞれの病気の症状や特徴については解説ページをご覧下さい。

・大腸ポリープ
・虚血性大腸炎
・内痔核(いぼ痔)
・直腸癌
・直腸ポリープ
・大腸癌
・大腸憩室症
・細菌性下痢症(細菌性腸炎)


血便の原因と病気

血便の症状

◆血の色で判断する

・血便が鮮紅色・・・直腸または肛門に近い部位に異常がある(裂痔やいぼ痔など)
・黒ずんだ血便が出る・・・大腸・小腸・胃・十二指腸に異常がある

◆血の量で判断する

・出血が少量である場合
  ガン、ポリープ

・出血が大量で頻発する場合
  大腸憩室症、薬剤性大腸炎など

◆便の状態で判断する

・表面だけに血が付着している
  裂肛、痔核

◆便全体に血が混ざり合っている
  腸重積症、十二指腸潰瘍、胃潰瘍、クローン病、潰瘍性大腸炎

血便の症状

血便の色

血便の色は様々ですが、血の色で出血している部位が大体分かりますし、それによりある程度病気の予測をつけることが出来ます。

◆鮮紅色
 肛門または直腸で出血している

※肛門から出血している場合のほとんどが「いぼ痔」または「きれ痔」です。
  ポタポタと血が出ているようであれば、痔を疑いましょう。


◆暗赤色や赤褐色
 直腸や大腸からの出血

◆タールのような黒っぽい赤
 十二指腸、胃

血便の色

血便に鮮血が混じっていたら…

血便には色々な種類ありますが、鮮血の場合は肛門もしくは肛門に近い部位、または大腸で出血していることが多く、この場合はいぼ痔、切れ痔、大腸憩室出血、直腸ガンなどの可能性が特に疑われます。

血便に鮮血が混じっていたら…

血便と腹痛

もしも腹痛を伴う血便が出たら、クローン病や大腸炎などの炎症性腸疾患が疑われます。

◆クローン病

口腔から肛門までの全消化管全域に、非連続性の炎症および潰瘍を起こす原因不明の非特異性炎症性疾患で、厚生労働省より特定疾患に指定されています。原因は不明。


◆潰瘍性大腸炎

大腸のもっとも内側の粘膜に潰瘍やびらんができて炎症を起こす疾患です。
原因不明ですが、免疫機能に関係があることは分かっています。

血便と腹痛

粘血便(粘液の混じった血便)

粘液が混じった血便(粘血便)が出た場合には、主に次のような病気が考えられます。

◆進行大腸癌

粘液が混じった血便が出るほか、かなりの出血を伴います。
下痢と便秘が交互に起こるのが特徴です。

◆大腸憩室症

症状が無ければ特に治療を要しない病気ですが、炎症の為に出血することがあります。
大腸憩室症において出る便には粘液や膿が混ざっています。

◆細菌性下痢症(細菌性腸炎)

粘血便または下痢が起きる病気です。
代表的な病気として、「腸管出血性大腸菌O―157」が挙げられます。

粘血便(粘液の混じった血便)

赤ちゃんの血便

以下のような病気が原因となって、赤ちゃんに血便が出ることがあります。

◆急性胃腸炎

O-157、ビブリオ菌、ブドウ球菌、サルモネラ菌、ボツリヌス菌など細菌が原因で起こる病気です。
血便のほかに発熱、嘔吐、下痢などの症状が出ます。

◆腸重積

腸の中に腸が入り込んでイチゴジャムのような粘血便が出る病気です。
腸の組織が腐る場合もありますから、早期の治療が必要です。
泣き方が激しく、血便のほかに嘔吐などの症状が出ます。

◆十二指腸潰瘍、胃潰瘍

胃や十二指腸で出血があると黒っぽい便が出ます。

赤ちゃんの血便

犬(子犬)・猫の血便

胃や腸の働きが悪くなって血便が出るのは、人間だけではありません。
犬も猫も体調が悪くなれば血便が出るようになります。

◆犬が血便を出す病気

・レプトスピラ症
・鞭虫症(べんちゅうしょう)
・コロナウイルス感染症
・パルボウイルス感染症
・下痢


◆猫が血便を出す病気

・トキソプラズマ症
・パルボウイルス感染症(猫ジステンパー)
・胃腸炎
・鉤虫症(こうちゅうしょう)


犬(子犬)・猫の血便

血便が出たら病院に行くべき?

血便が出ても、痛くない場合は病院に行かなくても大丈夫と思っている人も多いかもしれませんが、そんなことはありません。

痛みが全く無かったとしても、実は大腸がんなどの恐ろしい病気がゆっくりと進行していることもあるのです。

身体に異常が出たら、まず原因を知ることは非常に大切です
だから病院に行かなくてはいけないのです。

血便が出たら病院に行くべき?

病院での血便検査の方法と費用

日本では大腸の病気が多いので、多くの病院では大腸検査が充実しています。

また、40歳以上になれば大腸がん検査は定期的に行うことを市町村の機関などで奨励していますので、市町村でがん検診をする場合には、居住地の市町村に詳細を尋ねてみるといいでしょう。

病院で血便の検査をする際は、外科・消化器科・肛門科を受診してください。
※大腸がん検査をする場合は「外科」を受診するようにしましょう。

検査は保険診療で行われます。
3割負担で千円程度の費用がかかります。

ただし、治療が行われたり、様々な検査を組み合わせた場合はこの限りではありません。

病院での血便検査の方法と費用



Copyright(C) 【血便.com】-便に鮮血が混じる原因と病気 Allrights reserved.