病院での血便検査の方法と費用


血便の原因は多くがいぼ痔やきれ痔であることが多いのですが、大腸がんなどの深刻な病気であることもあります。

早期に発見して治療をすれば、完治することができるのは他の病気と一緒です。

日本では大腸の病気が多いので、多くの病院では大腸検査が充実しています。





がん検診の詳細をたずねる際は、居住地の市町村へ

大腸検査はカメラを体内に入れるので、「痛い」というイメージがあります。

しかし、病院によってはなるべく検査時に痛みを感じないように配慮しているところもありますので、痛みが気になるのであればそういった病院を探して検査するといいでしょう。

さて、症状が出ていなくても40歳以上になれば大腸がん検査は定期的に行うことを市町村の機関などで奨励しています。

市町村でがん検診をする場合には、詳細は居住地の市町村へ尋ねてみるといいでしょう。

病院で血便検査をする

・まっ赤な血便
・タールのようにどす黒い血便
・便器がまっ赤に染まる血便


どんな血便でも驚きもショックもマックスに達するはずです。
放置して症状が消えても、それは「治った」のではないので、まずは血便の原因を調べる必要があります。

病院で血便の検査をする際は、外科・消化器科・肛門科を受診してください。
※大腸がん検査をする場合は「外科」を受診するようにしましょう。

検査は保険診療で行われます。
3割負担で千円程度の費用がかかります。

治療が行われたり、様々な検査を組み合わせた場合はこの限りではありません。



Copyright(C) 【血便.com】-便に鮮血が混じる原因と病気 Allrights reserved.