粘血便(粘液の混じった血便)


血便には様々な種類があります。

「便の表面だけに血が付着しているもの」
「便器がまっ赤になるくらい出血する血便」
「タールのように黒い血便」
・・・

これらの下血は重大な病気を伴っているケースが多いと言えます。

血便の中に粘液が混じった血便が出ることがあります。
この場合、どんな病気が考えられるのでしょうか?





粘血便が出る病気

◆進行大腸癌

粘液が混じった血便が出るほか、かなりの出血を伴います。
下痢と便秘が交互に起こるのが特徴です。
人工肛門をつくることもあります。

◆大腸憩室症

症状が無ければ特に治療を要しない病気ですが、炎症の為に出血することがあります。
大腸憩室症において出る便は粘液や膿が混ざっています。

◆細菌性下痢症(細菌性腸炎)

粘血便または下痢が起きる病気です。
代表的な病気として、「腸管出血性大腸菌O―157」が挙げられます。

5日間程度の潜伏期間を経て、粘血便・水様便・発熱・嘔吐・腹痛などの症状が出ます。
腸管出血性大腸菌O―157であれば、血液のような血便が出ますのでかなりびっくりします。

粘血便が一度でも出た場合は

粘血便が一度でも出た場合、様子見をしても症状は治まりません。
内科、もしくは消化器科を受診するようにしてください。



Copyright(C) 【血便.com】-便に鮮血が混じる原因と病気 Allrights reserved.