血便の症状


血便が出るということは、肛門や消化器に何らかの異常があるということです。

異常がある場所や病気によって血便の色は違いますし、出血の具合も違います。

血便の状態と症状で、どこに異常があるのかおおよそ分かりますが、病名までは分かりません。





血便とその症状

◆血の色で判断する

・血便が鮮紅色・・・直腸または肛門に近い部位に異常がある(裂痔やいぼ痔など)
・黒ずんだ血便が出る・・・大腸・小腸・胃・十二指腸に異常がある

◆血の量で判断する

・出血が少量である場合
  ガン、ポリープ

・出血が大量で頻発する場合
  大腸憩室症、薬剤性大腸炎など

◆便の状態で判断する

・表面だけに血が付着している
  裂肛、痔核

◆便全体に血が混ざり合っている
  腸重積症、十二指腸潰瘍、胃潰瘍、クローン病、潰瘍性大腸炎


血便の原因として、上記のような病気が考えられます。
生命に関わる病気も多くありますから、血便が出たらすぐに消化器科を受診しましょう。

大腸ガンかもしれない

もし、あなたが持病で痔を持っていたとします。

便に血が混ざっていたり、表面に少し血がついていた場合、痔による出血だと決め付けてそのままにしないでください。

ガンの可能性も十分にありますから、いずれにせよ血便が出たら検査が必要です。
血便が出なくても、定期検査はある程度の年齢になれば行うようにしてください。



Copyright(C) 【血便.com】-便に鮮血が混じる原因と病気 Allrights reserved.